« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007.12.27

仕事納め

今日は一足早く仕事納めでした。12月は本当にあっという間に終わってしまいました。
結局仕事もうちも片付いてないけど、ちょっとでかけてきます。

不在中、千本ノックの更新ができませんが、まだ挫折ってわけじゃないよ。

リンク: スナップ千本ノック2008.

それでは皆様、よいお年をお迎えください。
20071227

2007.12.24

潜り納め

今年最後のダイビングに、またもや伊豆大島に行きました。

が、結構な低気圧が通過したとかで、ついた日の海はどこもすごい波。
唯一、秋の浜は大丈夫そうだと言われたのですが、正直、その時はそうは思えませんでした。
200712241
が、2時半ごろもう一度行ったら、イケそうな気がしたので、1本だけですが結局潜ってしまいました。
潜っていたのは、我々のグループだけだったようです。
ということは、大島全体でも我々しか潜ってないということかも。
でも一緒に潜ったベテランのお客さんたちは、最初から大丈夫だと思っていたらしい。ありえない。


カミソリウオのペア。
メスのお腹に小さな卵がついてたらしいですが、わかりませんでした。
200712242

エキジットしたら、普通に近い、穏やかな海になっていました。
200712243
久しぶりに緊張感を味わって、私も一皮むけたかもしれません。

--

2日目は、よく晴れて穏やかな海でした。
200712246

ジョーフィッシュの横顔。
ぜんぜんこっちを向いてくれませんでした。
200712244

カンナツノザヤウミウシ。
初めて本物を見る事ができました。ちょっとうれしい。
200712245

クリスマスだったので、ショップの方がクリスマスケーキを用意してくれました。
なんと手作りです。ウブな男子中学生のように(?)、喜んでしまいました。
200712247

来年も楽しく潜りたいです。
--

リンク: 伊豆大島のダイビングショップ イエローダイブ.

2007.12.22

スナップ千本ノック、はじめました

タイトルのつけられる写真を、とにかく1000枚撮る!という試みです。
期間は6月末まで、テーマ自由、機材自由、加工の有無自由。

友人のイラストレーター関口弘呂子氏が2007年秋冬に達成した、スケッチ千本ノックに、 敬意と憧れと羨望を経て、自分も挑戦してみようと思います。

リンク: スナップ千本ノック2008.

半年で1000枚が多いのか少ないのか、よくわからないけど、単純にいくと一日あたり5、6枚はUpしなきゃいけない計算。撮るだけならあっという間だけど、タイトルをつけるとなると、けっこう大変そう。
テーマは決めないけど、一応スナップ限定。ガチガチの風景写真とか水中写真、天体写真は入れない予定。

左サイドバーにリンクしてありますので、時々、進捗状況を見に来てやってください。

2007.12.08

お台場の午後 - 光る青春の喜び!?

実は、お台場には写真教室で行ったのでした。
私の中でのテーマは「光る青春の喜びと稲妻...もといクリスマスイルミネーション」、でした。

というわけで、「光る青春の喜び」編です。
200712083


200712084

お台場の夜

携帯のカメラで撮りました。そこそこ写るのにびっくり。
20071208

同じ場所を一眼レフ(Nikon D70s)で撮ったのがこちら。
さすがに描写力が違いますなぁ。
いい写真かどうかは別問題だけど。

200712082

2007.12.02

伊豆大島

久しぶりに、ダイビングに行きました。
もうすっかり冬なのにいまさら海に行くなんて、我ながらクレイジーだと思いましたが、
実際に行ってみると、天気はいいし、海はきれいだし、人は少ないし、いいことずくめでした。
ダイビングは冬に限る・・・?

今回は、少し前に買ったマクロレンズを使ってみました。
最初、ピントが合わずに苦労しましたが、帰るころにはちょっとコツを体得できたような気がします。

今まで全然撮れなかったジョーフィッシュが、こんなドアップで!!
200712021

カエルアンコウもこの通り。
でもちょっとホラーっぽいな・・・。
200712022_3

これは普通に撮った、キンギョハナダイ。
群れというには微妙な散らばり具合です。
200712024_2


明るくてとてもきれいな海でした。
200712023

3ヶ月ぶりのダイビングで、セッティングの仕方などをきれいに忘れていましたが、
懇切丁寧に教えてもらって、ばっちり思い出せました。
これはもう、忘れないうちにまた行くしかないでしょう。

---

リンク: 伊豆大島のダイビングショップ イエローダイブ.

« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »