« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007.05.19

オリンパス水中撮影ツアー

に、参加しました。
マリーンプロダクトの清水淳先生始め、インストラクターさん達の指導のもと、大量に撮影しまくったところ、最後の最後にこんなのが撮れました。
20070519

夜の講評会の後のミニフォトコンテストで、なんとグランプリをいただいてしまいました。遠景にボートをいれたのがよかったみたい。
ビギナーズラックですが、ほめられるとうれしいものです。

オリンパスのホームページにも掲載されました!!清水先生のコメントつきです。

リンク: ZUIKO CLUB[オリンパスデジタルカレッジ].

2007.05.07

イルカさんの写真

御蔵島で撮った、イルカさんの写真です。

シャッターを押すだけで、それなりに写るのは素晴らしい。偉いぞオリンパス。
とりあえず写ってるだけの写真が多い気もするけど、今日のところはこれでヨシとしておきましょう。

晴れていると、波の模様がイルカさんの背中に写ってきれいです。
200705071

親子連れ。
200705072

ドアップで。
200705073

いっぱいいます。
200705074

2007.05.05

中津川林道 初走破

埼玉-長野県境を通る、中津川林道をドライブしてきました。
ここは、知る人ぞ知るツーリングの名所なのですが、未舗装路が20kmほど続くため、いままで何となく行かれなかったのです。だって怖いじゃん。
リンク: Yahoo!地図情報 - 長野県南佐久郡川上村大字梓山の周辺地図.

未舗装区間の始まり。
いい感じのトンネルが前方に見えてきます。このような「落石注意」の看板が至る所にあります。崖の表面は、確かにいかにも崩れやすそうです。落ちてる石も角が尖っていて危険なニオイがするため、慎重に進みます。
200705051

制限時速15kmだそうです。言われなくても、その程度でしか進めません。
対向車も意外と多いです。道幅は1.5車線程度で意外とフラットですが、すれ違いには気を使います。しかしほとんどのクルマがいい感じですれ違ってくれました。ドライバー同士の心の交流を感じます(?)
車種もRVやオフロードバイク以外に、サニーやEDといったセダンも何台か見ました。ツーリング以外には、釣りの人が多いようでした。
200705052

林道の終点、三国峠です。(埼玉県側から長野県側を望む。三国峠といえば、この切り通しですね〜。)
埼玉側にトイレがありますが、かなりばっちいので、心を強く持たないと、女子の利用は厳しいでしょう。
200705053

長野側から埼玉側を望む。
三国峠を境に埼玉側の川は太平洋に、長野側の川は日本海に注ぐのです。いわゆる分水嶺というやつです。
まんぷく猫は、このテの場所にヨワい。
200705054

長野側は穏やかな落葉松林です。
道路も舗装路。埼玉側の険しさが嘘のようです。
200705056

山をおりると、レタス畑の向こうに八ヶ岳が見えました。
200705055

何かをなしとげたような気分になれる、いいルートです。
ただし冬季、夜間は通行止めなので注意。(そんな時期は頼まれても行きたくないですが)

---

おまけ:夕食は、国道141号線沿いの「ビストロ テエール」さん。
リンク:
ビストロテエール|八千穂高原・松原湖|観光・旅行情報:まっぷるnet

写真がないですが、鴨のステーキ定食1150円は、焼き加減最高でとてもおいしかったです。
200705057
写真はハンバーグ定食。信州牛100%で、これも普通にウマい。

2007.05.03

藤の季節

モバイルSuicaで東武鉄道に乗ってみました。
イヤ、単に実家に行こうとして、財布を忘れただけですが。
藤の季節

2007.05.02

イルカの棲む島御蔵島 3日目

とうとう帰る日になりました。
早朝の八丈島行き客船は、1時間遅れで就航したそうです。
となると、午後の東京行きも1時間遅れで就航しそうですが、やっぱり直前までわからないので、とりあえず帰り支度をしておきます。

午前中は、集落近くにある「タンテイロ巨樹の森」という遊歩道に行ってみることにしました。
下の方は竹林、奥の方にはスダジイの大きな木がありました。
200705021

こんな若木も出ています。
200705022

あちこちに沢というか水の流れがあり、豊かな感じの森でした。
そういえば、御蔵島の水は普通の水道水もおいしかったです。島といえば水不足のイメージは、ここの場合当てはまらないようです。
もっとも住民の数も少ないですが。

民宿をチェックアウトし、港で乗船手続きをした後は、美美庵でお昼。
バイクで通りかかったしげを工房のオヤジさんは、「ダメかもよ」との予想。さぁ、どうなる。

いかにも非力な御蔵島桟橋。
200705023

そうこうするうちに、客船が来ました。
桟橋職員の人が、潮の流れを客船に説明していました。直前にニシに変わったんだとか。
200705024
かなりゆれながらも、巧みな操船で無事桟橋に着けます。偉いぞ東海汽船。

桟橋に出ると、しげを工房のオヤジさんがいました。
「ダメだと思ったから迎えに来たんだけど、船付いちゃったねー」だって。
うれしかったです。おじさんありがとう。

いろいろあったけど、無事出港です。
さらば御蔵島。また逢う日まで。
200705025

2007.05.01

イルカの棲む島御蔵島 2日目

2日目は、こんな感じの曇り。
200705011

予定通り、午前中はイルカウォッチングにでかけます。
イルカさんは、昨日より遊んでくれたようですが、まんぷく猫めの目に映るのは、ウンコ垂れて向こうへ去って行く姿ばかりです(?)
200705012

オヤジさんの言う通り、どんどん天気は悪くなりそうな気配でしたが、特に用事もないし、微妙に不完全燃焼だったので島に残ることにしました。

午後は、少し昼寝した後、島内の道沿いを散策しました。

えびね公園のニオイエビネ。少し離れた場所からも、甘い香りがします。
出掛けるのが遅かったので、閉園時間をすぎていましたが、管理人のおじさんが特別に少しだけ見せてくれました。
200705013

黒崎高尾の展望台からの景色。
展望台の下は、480mの崖です。見下ろすとゾーっとしますが、写真に撮るとそうでもないのが残念。
200705014

展望台は集落から6kmほど離れていますが、途中までえびね公園のおじさんのクルマで送ってもらいました。おじさんありがとう!

---

しげを工房の息子さん(?)が、キハダマグロを2匹釣ったらしいです。
2007050145

イルカの後、オヤジさんがマグロの解体を見せてくれました。
200705015

こうなって・・・
200705016

こうなって・・・
200705017

こうなります。
夕食のおかずとしていただきました。新鮮なマグロはおいしいです。
200705018

こちらは、宿泊していたご夫婦が釣って来た豆アジ。普通にたくさん釣れるらしいです。
こちらもとってもおいしかった。ごちそうさまです。
200705019

夜は、他の宿泊客の人たちと、イルカやカメラ談義に花を咲かせました。
どことなくユースホステルのような雰囲気です。
時々強い風が吹き付け、翌日の船が心配になりました。が考えてもしょうがないので、寝る。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »