« 山梨県立富士湧水の里水族館 | トップページ | ウェットスーツ買っちゃった »

2007.04.15

真鶴岬

真鶴岬にドライブにいきました。
2時前くらいに家を出て、4時過ぎに到着。渋滞さえなければ意外と近いです。

岬の先端「三ツ岩」。岩がゴロゴロしていました。
200704151

海だ!空だ! 釣りの人がけっこういました。
200704152

海辺の岩にはこんな注意書きが。つまりここの海にはこういうのがいるわけだ。
200704153

だからというわけではないですが、近くの磯料理屋で豪華な舟盛りをいただいてきました。
刺身もいいけど、その前に出たカマスの塩焼きがおいしかった。でももう当分魚はいいです。
200704154

リンク: [グルメウォーカー] 潮望 原忠-真鶴駅/活魚料理.

« 山梨県立富士湧水の里水族館 | トップページ | ウェットスーツ買っちゃった »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行」カテゴリの記事

「日記」カテゴリの記事

コメント

ももくらさん、お褒めのお言葉、とってもとっても恐縮です。
三ツ岩、猫耳と来ましたか。私は鬼が島が海に沈んだらあんな感じかしら、などと考えておりました。
ところで、三ツ岩なのに、主なピークが2つしかないのはどういうわけなのでしょうね。こういうのは普通、夫婦岩っていわないのかなぁ。

2枚目のお写真の空気感がすてきです。
三ツ岩のシルエットは猫耳に似てますね~。

グルメレポートまで…ありがとうございました。

ワタクシ今まで「スルメ」を「割いた焼きイカ」のことだと思っていたのですが、「スルメイカ」という種類のイカがいるのですね。先日レストランで聞いた「スルメイカのカルパッチョ」という言葉に???だったのですが、意味が分かった気がします。ありがとうございました~。

ももくらさん、河口から富士山頂とはすごいですね。
利尻富士とかならまだわかりますが、本物の富士山でそんなこと考える人がいるとは思いもよりませんでした。いったい何時間(何日?)かかるのでしょう。いつか季節のよい時に実現してください。

活魚料理屋は、この店の隣にも2軒あったし、町中にも何軒もありました。「海の近くでおいしい魚を食す」野望をかなえるには、なかなかいい場所かもしれません。
舟盛りに入っていたのは、タイ、ホウボウ、アジ、イカ(たぶんスルメイカ?)、トコブシ、サザエ、アワビです。
タイはちょっとくどかったです。養殖なのかな。ホウボウは焼いた方が好みな気がしますが、姿形が愛らしいので活け造りに大喜びしてしまったのでした(そして食う・・・)。あとはアジとトコブシがおいしく感じました。どうも最近、「高級食材でないほうがおいしく感じる」傾向があります。

真鶴岬には、そこかしこに野良猫がいました。温暖な土地なのですな。

こんな近くに、美味しい舟盛りを戴ける場所があったとは。貴重な情報を有り難うございます。
ももくら旦那は渋滞が嫌いですが、美味しい舟盛りのためならば渋滞の山中湖も熱海も越えようとするかも知れません。
真鶴に踏み入ったことは無いのですが、小田原の早川河口から富士山頂を目指したことがあります(本当に、こんなネタばっかりです)。台風だったか低気圧だったかに襲来されて失敗に終わりましたが。いつか海から登ってやるぜ、と性懲りもなく企んでおります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山梨県立富士湧水の里水族館 | トップページ | ウェットスーツ買っちゃった »