« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006.10.28

湯ノ湖、湯滝、鮎

先々週の写真です。(今日のではないので注意。)

湯ノ湖。
200610281

湯滝。
200610282
アマチュアとおぼしきカメラマンが猛烈にたくさんいました。ほとんどの人が三脚を使ってましたが、まんぷく猫めはものぐさなので、もちろん手持ちです。滝の側ではレンズが曇るのに閉口しました。

湯滝に跳ねる鮎の塩焼き(?)
200610283
湯滝下のレストハウスで500円、だったかな。熱々でおいしかった。

2006.10.25

光徳牧場

200610251
黄葉がきれいでした。人も少なくて、とても静かでした。

200610252
売店内にあったポスター。ギターを弾く女性の手つきは、本当に弾いてるものと推測されます。ということは、フォークが流行った70年代のものでしょうか。
ギターを上に傾けて弾くスタイルは、比較的近代的な奏法なんだそうです。ヘぇー。

2006.10.22

朝日に輝くアイスクリーム

奥日光、光徳牧場にて。250円です。
20061022
爪が伸びてることに気がつきました。

2006.10.16

男体山とオリオン座

星の写真を撮る時、桐灰カイロの点火をよく失敗します。両端に点火したつもりなのに、よく途中で消えちゃってます。
が、昨夜は成功しました。いつもより心持ちしっかりライターであぶり、点火後もしつこく息を吹きかけ燃焼を促進しまくったのが功を奏したようです。この感覚を忘れないようにしたいものです。

しかし、よくないこともありました。
カメラ2台のうち1台分を取り付け終わった直後、点火用のライターを1mくらいの高さから落としてしまったのです。打ち所が悪かったのか、あっけなく火が付かなくなりました。
おかげで、もう1台はカイロをつけられず、霜との戦いになってしまいました。

電池とか懐中電灯とかレリーズの予備は持ってたけど、火種の予備は盲点でした。(お茶は水筒に入れて持って行ったので、コンロもなかった)
・・・ (´・ω・`)ショボーンの巻、でした。

200610151
霜が付く前に撮影した、日光男体山とオリオン座(もう少し後なら冬の大三角が写ったのに)。
木の葉が赤く見えるのは、紅葉ではなくテールライトに照らされたためだと思います。本物は黄色系だった気がする。

200610152
燃え尽きたカイロ灰。いろいろあって私も燃え尽き・・・もとい完全燃焼しました!?


2006.10.09

今日の夕焼け

連休前半に発熱して出掛けそびれたので、夕焼け撮ってみました。
もう回復したけど明日は会社・・・。たそがれております。

鳥の大群。渡り鳥でしょうか、それとも単なるカラスでしょうか。
200610091

夕焼け雲と武甲山。手ぶれしています。
200610092

夕暮れの大都会もとい大宮
200610093

2006.10.08

今日の富士山

昨日、初冠雪が記録されたそうです。
頂上付近をよぉーく見ると、確かに少し白くなっているような気がします。撮影中に刻々と雲の形が変わり、現地はすごい強風なんだろうなぁと思いました。うちのベランダもすごい風でした。
20061008


2006.10.05

朝の吉佐美大浜

20061005
夏休みの写真をようやく整理しました。ネットで注文&クロネコメール便で受け取りで、便利便利。
しかし、フイルムの写真はプリントを依頼しにいくのが面倒で、アルバムに貼っていないのでした。スキャンのやりかたがだいぶわかってきたので、とりあえずここにUp。

2006.10.02

キヤノンのサポセン

インクジェット複合機MP770でフィルムスキャンすると、やたらに細長く切り取られてしまう現象に悩んでいたのですが、意を決してサポセンにメールで問い合わせしてみました。
すると、2、3日後に返信がありました。それに従って設定してみたところ、無事解決!ついでに他の悩みもなんとなく解消です。ピントが甘いのはどうしようもないっぽいけど。
古典的な質問だったのかもしれないけど、自力で解決できなかったので助かった。(こういうとき意外とマニュアルは見ないものです)キャノンのサポセンさんありがとう。

20061002
写真は、先々週に日光で撮影したものです。とりあえず、北の空を撮ってみました。そんだけ。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »