« ゆうすげの花 | トップページ | 焼きうどん上の目玉焼きと働き者の店主 »

2006.08.20

東京都写真美術館 中村征夫写真展

を見に行ました。「海中2万7000時間の旅」というサブタイトル通り、世界各地の海を写した水中写真の写真展です。
この道40年というキャリア、10日間の取材で70本潜るというハードワークのたまものだけあり、さすがに見事でした。大げさに感動させられる感じでも、図鑑的でもなくて、ありのままを冷静に写し取ったとでもいうのでしょうか、大人のスタンスです。
スライド&トークショーも、お話がとてもおもしろかったです。うっかりすると、自分もダイビングをしてみたくなってしまいます。お話の最後に、西オーストラリアのハメリンプールで撮影した地球最古の生物「ストロマトライト」の写真が出て来たのが、特に気に入った!やはり地球の海を語るなら、ストロマトライトは外せないでしょう。さすが先生わかっていらっしゃる(^^)
一部の写真は、エプソンのインクジェット出力だそうです。機種までは書いてありませんでしたが、最近のプリンタはたいしたものです。

リンク: 東京都写真美術館 中村征夫写真展.

200608203
写真集買っちゃいました。この写真は与那国島だそうです。

200608202
サインもらっちゃいました。イラストはサメだそうです。だから歯が生えてるのね。

20060820
今週末もいいお天気でした。

« ゆうすげの花 | トップページ | 焼きうどん上の目玉焼きと働き者の店主 »

「日記」カテゴリの記事