トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005.04.30

ファインディング・ニモ

 歯医者さんに飼われている海水魚たちの様子が、なんともそれらしく、うちの魚たちもいつか反乱を企てるのではないかと、しばし水槽に見入ってしまいました。歯医者氏自体は、ちょっとリッチでまともな海水魚愛好家なだけに、なんだかほんとにこれでいいのか、考えちゃう。
 うちにはフィッシュキラーのダーラちゃんはいないので平気なはずなんだけど...。

---
 東オーストラリア海流のウミガメのスピード狂ぶりが気に入りましたが、さすがにそれは飼えないのでMacのスクリーンセーバーとして飼っています。でもノロノロです。

2005.04.29

★になったお魚

昨夜遅く、前から様子がおかしかった1匹が、とうとう★になってしまいました。
 もともと妙に体色が黒く、動きもぎこちなかったのが、だんだんと赤い部分の色が抜けてきて、鱗も一部脱落してきたのです。ネットで調べたところによると、おそらく「ネオンテトラ病」。治療方法はないらしい。
 それでも先週は細菌感染症用の薬で24時間薬浴を行ってみました。そのせいか一時的に回復した様子でしたが、水曜日あたりから、今度は動きが鈍くなっていました。
 昨日、帰宅後にみてみるとまったく動かない...と思ったら、突然水面近くを何かにはじかれたように泳ぎだし、しばらくするとまた水草の陰で寝ているようでした。
 この時点でもう長くはないだろうという予感があり、明日になったら水換えついでにまた薬浴してやるつもりでした。が、テレビなどを見てしばらく時間がたってからふと水槽を見ると、すでに息絶え、ヤマトヌマエビに食われているところでした。この間たったの1時間。
 あっけないものです。

2005.04.23

水換え

水槽の水換えをしました。先週は家人がやってくれたので、私としては初挑戦です。

 石油ストーブに灯油を入れる時に使うようなポンプで、底砂をがさがさやりながら水を吸い出すと、すっかり水草が抜けてしまいました。しかし、先々週に砂をいじったときにくらべて、ゴミの量が減っています。しかも臭いもあまりしない。
 これは掃除係として中途採用した、ヤマトヌマエビさんの功績でしょうか。
 あたらしい水を入れ、少し時間をおいてやるると、エビさんもお魚さんも、こころなしか少し元気になったような気がします。やはり何はともあれ水換えは大事なようです。
 興が乗ってきたので、ロンドンの自然史博物館で買ってきた、ローズクオーツと透明な水晶を飾りとして入れてみました。水晶なら、妙な成分が水質を変えてしまうこともなかろうかと……。とりあえず、見栄え的には満足です。
20050423-2

 1匹だけ調子の悪かったネオンテトラも、昨日新たに買った小型水槽に移して薬浴中です。

2005.04.22

エアー

20050421

 先日のエアーストーンを水草用に二酸化炭素を添加するために転用してしまったので、今度は長いエアーストーンを買ってみました。同じ形でもいいのだけど、変化が欲しかったので……。
 メーカーはやっぱりいぶきエアストーンさん。楽天の通販で買いましたが、非常に対応が早くて好感が持てます。

 今回買ったのは、φ18mm×15センチのエアカーテン用ストーン。うちの小型水槽には、ぎりぎりのサイズでしたがなんとか設置。家人が買ってきてくれた、一方コックで空気の量を調節すると、宣伝通りの細かく美しい泡が出てくれ、まさに空気のカーテンのようでした。

 宣伝によると、この泡の中で魚が遊んだりもするらしいですが、まだそこまではダメ。ついでに水草の配置を替えるために、ピンセットでごちゃごちゃかき回したので、概ね「恐怖の大王が降ってきた。(古い)」ような認識なのでしょう。すまんな。

2005.04.18

ぶくぶく

20050418

魚が過密ぎみなので、エアーレーションをしてみました。エアーストーンは「いぶきエアストーン」さんの「φ25 100」型。エアーポンプは、ろ過器のセットに入っていた毎分0.5lの超小型のやつ。
 やや非力ではという心配をよそに、やたらに勢いよく泡がでたのでびっくり。もちろん魚もエビもびっくり仰天。しばらく泡のそばには近寄りもしませんでした。

 ネットで情報を探すと、泡の中を行ったりきたりして遊ぶとか、ジャグジーのように一日泡をあびているとか、泡と仲良しの魚も多いらしいのですが、うちの水槽にはちょっとオーバースペックだったのかも……。

2005.04.17

水草トリミング

 水草が伸びてきたので、少し切りもどして見ました。いったん全部砂から抜いてみたところ、意外に根っこがきちんと伸びているのに驚き。これなら、上の葉っぱが順調に生長するのもわかります。
20050416-1

 家で生長した分は、葉っぱと葉っぱの間隔が短いのに、店で売ってた分はやや間延びしているので、途中の適当なところからちょんぎって、上のところだけまた植え直しました。
  下の部分は当初捨てる予定でしたが、根っこが立派なので、とりあえず目立たないところに植えておきました。増えてくれると楽しい。

ヤマトヌマエビ

 熱帯魚飼育歴15年のブチョーから「ヤマトヌマエビを入れると、魚のフンやエサの食べ残しをきれいに食べてくれるので、ぜったいお勧め」とアドバイスをいただいたので、早速導入してみました。前から迷っていたので、いい機会だということで。
 ついでにブチョー様の仰せによれば、「道具に金をかけろ」とのことなので、ピンセットも購入してみました。いい機会ということで。
20050416-2

2005.04.08

ねぼすけ

 出勤時間に余裕があったので、朝エサをやってみました。
 そうしたら、食いつきの良いこと、動きの素早いこと。今までエサの食いが悪かったのは、単に寝ぼけていたからだということがわかりました。体の色が戻っても、運動神経が元通りになるにはもっと時間がかかるようです。1時間では足りないことまでは確認済み。水槽をたたいて脅かしても、あまり変わりなし。

 ちなみに、うちのヤツらの場合、寝ぼけているかどうかは、泳いでる位置でも判別がつきます。起きているときは、水面近くや真ん中へん、水草のかげなど、思い思いの場所を「泳いで」いますが、寝ぼけているときは、ほとんどの魚が底砂の上を「ただよって」います。
 この「ただよっている」というのがポイントで、ろ過装置の水流が強すぎると、後ろ向きに流されていたり、風に舞う枯葉のように魚が渦を巻いていたりもします。 ヒレはちゃんと動かしているのだけど……。
 起きているときはだいたい前向きにしか進まないので、エサをやるのはそういう時に限ります。でも寝ぼけているときの、あまりに主体性のない動きも、笑えるので許してやる。

 ……って長々と書いて、うちだけだったらどうしよう。

2005.04.07

立ち魚

逆立ちしてエサをあさるヤツ

 最近エサの食い付きが悪くなりました。

 投下したエサに反応はするのですが、きちんとキャッチできず、むなしく地面にエサが舞ってしまいます。
 夜、お休みのところをたたき起こしているのが悪いのでしょうか。
 水質が悪化して元気がなくなっているのでしょうか。
 エサがまずいのでしょうか。それともデカすぎて口に入らないのでしょうか。
 
 買ってきた当日は、猛烈な勢いで正確にキャッチしていたのに。不思議です。
 写真のように、逆立ちして砂利の間のエサをあさる魚もいるので、食べる気がないわけでもなさそうです。(しばらく全員、コンタクトレンズを探す人たちのように地面に集中するのが変)
 あと、エサを水面に入れた時、なかなか水中に落ちてこなくなった気がします。水が汚れているのは確かかも。

2005.04.06

水草

水槽全景


 水槽全景はこんな感じです。
 奥の方に、名前のよくわからない水草を植え込んでみたのですが、ネットや本を見ると、もっと水草をワサワサとたくさん植えてるヒトが多いので、私ももっと植えてみたくなりました。
 でもそうすると、手入れが面倒そうなのでちょっと迷うところです。

2005.04.04

点灯前

色の抜けたネオンテトラ

 明け方、日が昇る前に水槽を見たら、ネオンテトラの色が地味になっていました。ちょうどネオンの明かりが消えた感じ。光を当てるとだんだん戻ってきます。
 夢でも見たような気がしたので、帰宅後もういちど確認しました。再現性ありでした。そういう性質なんだそうです。不思議です。
 30分くらいでやっと色が戻ってきましたが、動きを見るとまだ半分寝ぼけている感じでした。本調子になるには1時間くらいかかるみたい。

2005.04.03

おさかな登場

ネオンテトラ様


突如、生き物を飼いたくなりました。

 最初、猫でも飼おうかと思っていましたが、どう考えても経験不足の上、私はハウスダストアレルギー。お互い不幸になるのが目に見えているので、「動物」「ホコリが出ない」「設備が小規模」ということで、ネオンテトラを飼ってみることにしました。

 小学生時代からのあこがれでしたが、今は養殖魚が安く仕入れられているらしく、1匹なんと89円。金魚より安いかも。
 とはいえ、一応熱帯魚なので、ヒーターやら蛍光灯やらセットになった水槽をネット通販で購入しました。あとバクテリアとか、水草とか、一応生態系構築の方向でいろいろと。

 1週間、水草とバクテリアを入れた状態で動かして水作り?をしたあと、昨日待望のネオンテトラ様を10匹購入。マニュアル通り、買ってきた時のビニール袋のまま水槽に30分浮かべて温度合わせの後、水槽に投入。
 ほんとうなら、少しずつ水槽の水をまぜて徐々に環境にならすんだそうだけど、面倒なので、一気にジャボーン。丈夫な魚らしいんで……。

 しばらくは水底にじっとして、まったく動きなし。水草のレイアウトを変えてみたり、ライトの方向を変えてみたりしても変化なし。元気なのはエサをやったときだけ。
 あまり環境をいじっても疲れさせるだけなので、しばらく放置してみることにしました。

トップページ | 2005年5月 »